消費者金融業界の実態

皆さんはグレーゾーン金利って聞いた事ありますか?

 

金利には上限を定めた法が2つあるのですが、一つは利息制限法、もう一つは出資法です。

 

法定金利

 

【利息制限法】では

 

元金  10万円未満           −年20%以下
    10万円以上100万円未満    −年18%以下
    100万円未満          −年15%以下

 

本来ならばこの利率を、超えた分は無効となるのですが・・・

 

【出資法】−年29.2%以下

 

この2つの金利には大きな差があります。

 

良く言われるグレーゾーン金利というのは、この定められた2つの金利の間の金利の事なのです。

 

要するに、ほとんどの貸金業者が違法な貸付をしているという事です。

 

なぜこんな事がまかり通るのかというと、利息制限法を守らないのは違法は違法なのですが罰則がないんですね。

 

グレーゾーン金利は今回大きな社会問題になった事から、撤廃の方向には動いていますが、まだ、法的な強制力はありません。

 

ですが、最近のキャッシング会社には金利を見直し、健全な融資を心がけている会社もあります。

 

まだ法に守られていない今、消費者側がきちんと貸金業者やその業者の金利などを選ばなければいけないという事です!

 

例えば、アコムやプロミスなどでキャッシングをするのに普通は、近所の無人契約機を探し、審査に通るか分からないのにわざわざ足を運び、申込みしにいきますよね。

 

大手金融会社をピックアップしているサイトなのですが金利に注目。分かりましたか?実は、本当に簡単なことだったのです。ネットから審査の申込をするだけで…金利が低いんです。審査が簡単で早いんです。歩かなくてもいいんです。

 

これ、活用しないと損します。どのくらい金利が低いのかはよく見ると良いかもしれません。

 

先ほども言いましたが、ここ数ヶ月で金利はずいぶんと低下しているのが一目瞭然ですね。

 

散々言ったので分かっていると思いますが、金利はなめてはいけません。
将来の自分の生活が、楽になるのも、苦しくなるのも、金利です。

 

1に、金利、2に金利、

 

しっかり頭に叩き込む。

 

そして、計画性を持つ。
例え借金でもキャッシングを上手に活用すればOKで、得する方法があります。

 

お金のコントロールを覚えると、人生ラクですが、お金にコントロールされるようになりますと、人生は、地獄になってしまいますね。

 

 

 

 

消費者金融業界の実態記事一覧

キャッシングの申し込みQ&A

キャッシングの申し込み方法はなんですか?運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書が、いずれか1点必要です。場合によっては、住民票や収入証明書が必要なこともあります。電話やインターネットでの申し込みの場合は、コピーしたものを後ほど郵送またはFAXします。ほかにも借りている企業があるのですが、...

≫続きを読む

 

海外に消費者金融はあるのでしょうか

消費者金融は日本には複数ありますが、海外でも消費者金融というシステムはあります。ここでは海外の消費者金融事情がどんなものなのか見てみましょう。アメリカの消費者金融事情アメリカは世界経済をリードする国であり超大国ですが、これだけの経済を支えているのは何なのでしょうか。それは人々の購買意欲の旺盛さと言っ...

≫続きを読む

 

貸金業界の動向調査

日本貸金業協会は、改正貸金業法の完全施行から4年が経過日本貸金業協会は、改正貸金業法の完全施行から4年が経過し、資金需要者等に対して貸金業が、担う社会的役割及び健全な資金供給機能が的確に発揮されているのか等、貸金業界の動向について調査しました。まず、登録貸金業者数は平成18年3月から平成26年3月ま...

≫続きを読む

 

過払い金請求で苦しむ大手消費者金融

払い過ぎた分は過去にさかのぼって返金を要求できる過払い金と、ご存じのように、グレーゾーン金利、利息制限法で上限年20%、出資法では上限を年29.2%との差額を違法だから返還しなさいという最高裁の判決により、「利息制限法を越える部分の金利は、払い過ぎ(過払い)であり、払い過ぎた分は過去にさかのぼって返...

≫続きを読む

 

ギャンブル依存症で借金をして人生を捨てる人々

ギャンブル依存症で借金をして人生を捨てる人々ギャンブルといえばパチンコ、競馬、競輪、などが代表的なものがありますが、これらのキャンブル依存症で借金を重ねて、人生を捨てる人々がいるのは残念で仕方ありません。特に、パチンコ店がこれだけ乱立しているのは世界でただ日本だけです。今ではお世辞にも遊技・娯楽と言...

≫続きを読む

 

キャッシングで個人破産サラリーマンが借金地獄

キャッシングで個人破産サラリーマンが借金地獄「洋服やコスメを購入するため、クレジットカードを使ってリボ払いやキャッシングを利用していましたが、だんだん返済が苦しくなってしまいました。」「月の返済額が5〜6万円になってしまった頃、今度は返済目的でカードを作るようになりました。」「いつの間にか、5枚のク...

≫続きを読む

 

若いうちにクレジットヒストリーで信用を付けましょう

若いうちにクレジットヒストリーで信用を付けましょうクレジットヒストリーとは、その名の通り、今までクレジットを利用してきた履歴の事を指します。毎月定期的に利用して、延滞も無ければ良い履歴ですし、逆に、延滞ばかりでは悪い履歴になります。それ以外にも、延滞ばかりしていると通常は強制解約されますので、あまり...

≫続きを読む

 

キャッシングと生活保護申請について

キャッシングと生活保護申請についてカードローン地獄に陥ってしまいますと、どうしても、返済するために次のカードローンから借り入れをするというように、自転車操業になってしまい、いつまでたっても金利だけ払って、元金は減っていかないということになり、最終的には自己破産というような道を歩むことになります。しか...

≫続きを読む

 

自動車ローン審査に通らない人が増加中

自動車ローンを組むということでローン契約が通過しない人自家用車は永久に使用できるものではありませんので、定期的に買い替えをしなくてはいけないのですが、車の場合は、どうしても現金一括払いというのは難しいところがありますね。ですから、自動車ローンを組むということになると思いますが、ローン契約が通過しない...

≫続きを読む

 

過払い金請求のデメリットとは?

過払い金を返してもらい、現金を取り戻したり、今ある借金を減額する手続きを過払い金請求といいますが、過払い金の対象者は500万人以上とも言われています。「数年前まで借金をしていた」という人は、ほとんど過払い金が返ってくる可能性があります。どんな有名な消費者金融でも、クレジットカードのキャッシングでも過...

≫続きを読む

 

総量規制緩和の噂がある金融業界

総量規制緩和の噂がある金融業界個人の借入れ金額を制限するために定められた総量規制ですが、それが現在、緩和が噂されているのはなぜでしょうか。総量規制とは具体的になんなのか? なぜ規制されることになったのか? どうしてそれがまた緩和する方向に行っているのか?という問題を考えてみましょう。総量規制とは、ご...

≫続きを読む

 

社会福祉協議会と消費者金融

あわてて消費者金融に手を出して、借金地獄に落ちおる場合もありますので、公共の支援機関に社会福祉協議会というところがありますので、そちらで相談することをおススメします。社会福祉協議会といってもあまり聞きなれないかと思いましが、どのような組織なんでしょうか?社会福祉協議会は、民間の社会福祉活動を推進する...

≫続きを読む

 

過払い金を回収するための弁護士費用

被害に遭う人は意外に多い!悪徳弁護士の手口とは?「過払い金請求をするなら、弁護士に依頼して任せてしまうのが一番」とお伝えしましたが、なかには、過払い金の金額をごまかして自分の懐に入れてしまうような悪質な弁護士がいるので注意しましょう。@ 金額をごまかして着服還ってきた過払い金より少ない金額を依頼者に...

≫続きを読む

 

総合支援資金ってご存じですか?

総合支援資金ってご存じですか?雇用期間の関係で失業保険がでない方や就活が長引いて生活ができない方などに対して政府の支援制度があります。総合支援資金貸付というものですが、借り入れできる可能性があります。原則は無利息ですが、連帯保証人が見つからない場合でも貸付利子は年1.5%で借金ができます。むやみに消...

≫続きを読む

 

クレジットカード現金化

クレジットカードは発行してもらったが、キャッシング枠が設定できなかった方には、ショッピング枠を利用して、現金化する方法があります。クレジットカードのキャッシング枠については、会社によって金額が異なるわけですが、最初からいきなり50万円とかの枠をくれるとは考えられません。したがって、そのような場合はシ...

≫続きを読む