借金の時効について

借金の時効について

金融業者からの借金の時効は5年です

 

金融業者からの借金の時効は5年ですが、業者から内容証明で催告書が来てるとなると、時効がほぼ成立しません。

 

基本的に時効の考え方は債権者が債務の請求をしてない期間が一定の期間を過ぎた場合に時効が有効となるので、このケースだと常に催促している訳ですから、時効は諦めた方が良いでしょう。

 

借りてから1回も返済した事がないとなると詐欺罪が成立する場合もありますから気を付けてください。(借りたお金を返す気持ちがないのにお金を借用した。あるいは、返済できないと自分でわかっていながらお金を借りた場合は詐欺罪となります)

 

 

返済できないのであれば、債務者は自己破産などの債務整理などによって債務の帳消しを求めない限りは、この債務は、永遠に消えないでしょう。

 

但し、業者から5年間何の催促もない場合は、時効が成立します。しかし住所などを変更し、業者への報告義務を怠っていた場合、当然、業者は、催促できないわけですから、その期間は時効計算日数には含まれないのでご注意下さい。

 

このような場合は詐欺罪で告訴された本人の家族が、告訴を取り下げてもらうために、親族が和解金などを支払うケースもありますので気を付けてください。

 

業者が、なんか督促しても支払の意志がないとみられてしまいますと、業者としては、裁判所に少額訴訟とか、財産差し押さえの申し立てをします。

 

しかし、どんな裁判でも同じことですが、差し押さえするものや財産がないとか収入がない場合は、業者は裁判には勝ったけれども、貸したお金は帰ってこないこともあります。

「時効の援用」

お金を借りた人が、借りてから5年以上、督促も内容証明も送られてこない場合は、時効が成立するわけですが、自動的に成立するわけではありません。

 

時効を完成させるには「時効の援用」を行わないと完成しません。

 

これは債務者が債権者に対して「その債権は時効を過ぎているので支払いません」と宣言することです。これはどのような方法で、債権者に伝えてもかまいません。

 

確実に伝えたということを知らせるには内容証明郵便が一番確実な方法なんですが、電話で口頭で伝えてもよいですし、配達証明郵便などでも大丈夫です。

 

これで時効が完成し督促も来なくなります。それでも督促する場合は管轄省庁に苦情をいうと行政指導してくれます。

 

なお、少しでも債務の支払いを約束したり、業者の甘い言葉につられて、少しでも返済したりしますと時効の援用はその時点で中断します。

 

借入金を返済しない場合の少額訴訟に注意

少額訴訟とは

民事訴訟のうち,60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて,原則として1回の審理で紛争解決を図る手続です。即時解決を目指すため,証拠書類や証人は,審理の日にその場ですぐに調べることができるものに限られます。

 

金融業者が、このような民事訴訟を借主に対して起こして、裁判所から呼び出しがあった場合に、その調停日に裁判所に出席しないでいますと、原告側、すなわち金融業者の言い分が一方的に認められて、判決が下されてしまいます。

 

そして、後日に裁判所から判決内容が送られてきます。もし、判決通りの支払いが行われないと、給与の差し押さえ、預金の差し押さえ、財産差し押さえなどが、強制的に執行されることになりますから、裁判所から呼び出しがあった場合は、必ず出頭しましょう。そして、裁判の時にこちらの言いたいことを言っておかないと、判決が不利になることもあります。

 

キャッシングフタバ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

関連ページ

過払い金請求と過払い金計算方法
キャッシングのフタバは、50年以上の営業実績を誇る老舗の消費者金融です。すぐにお金を借りたい人へのキャッシング・カードローンとして人気があり 、保証人不要 来店不要で即日融資も可能です。かなり柔軟な審査との口コミの評判やウワサもあります。