自己破産でカードは作れるか

自己破産でカードは作れるか

自己破産したらしばらくはカードは作れない

 

クレジットカードやローンの審査の際には、信用情報機関を見て、個人信用情報を参考にし、自己破産をしてるのを確認されてしまうと「どうせまた支払いをしないのではないか」という風に思われて審査に通らないわけですが、クレジットカード会社やローン会社や消費者金融がそのように思うのも当然ではないでしょうか。

 

基本的には自己破産した方は、5〜7年くらいの間、ローンを組んだり、クレジットカードをやカードローンを取得すること、あるいは携帯電話のロ―ンを組むなどは難しいといわれていますね。

 

ネットや知恵袋の回答欄を見ても一般的な情報は、自己破産をしてその事実が個人信用情報機関に載っている間は絶対にクレジットカードの取得は無理だと書いあるのが普通ですよね。

 

しかし、私は自己破産をしてから、3年目にカードを取得した人を知っていますが、なぜ、その方はカードが作れたのでしょうか。

 

自己破産は免責が決定してから、個人信用情報機関であるCICなら5年、JICC(日本信用情報機構)なら5年、KSC(全国全国銀行情報センター)は10年、破産した事実が消えないということです。

 

では、なぜ、私の友人は自己破産から5年未満でカードを取得できたのでしょうか。

 

私の友人にその事実を聞いたところ、それは、外資系のカードだったからできたというのです。

外資系のカードなら自己破産でも作れる

外資系の金融会社ならどこでも、自己破産していてもカードを作ることが可能かといいますと、そうでもないような気もします。

 

しかし、外資系のカードの審査基準と日本のカード審査基準とは微妙なところで、異なっているということです。

 

では何故、破産の記録を全銀協で参照したのに外資系の会社は審査を通したのかと言うと、外資系の金融会社は、破産をしたという過去の事実よりも、現在の収入や属性を重要視してきちんと支払えるか調査をした上で発行しているそうです。

 

このように、外資系のクレジットカードは現在の属性重視で発行審査をするという強い欧米文化を審査にも反映してますので現在の属性さえよければ発行の可能性があるという事です。

 

日本の金融会社は、基本的なスタンスは、過去にどのような事実があったのか。ということを重視して審査を行うために、自己破産した場合に5〜10年はカードの取得が全くできないでしょう。

 

デビットカードで代用しよう

また、クレジットカードがどうしても必要な場合は、デビットカードを作れば解決します。

 

 

デビットカードは、16歳以上であればだれでも、どんな人でも簡単に作ることができます。 

 

もちろん、クレジットカードと同じ使用方法で使うことができますが、ただ、銀行に残高がないと使えませんので、気を付けましょう。

 

しかし、このように「自己破産したらカードは作れない」という事実は間違いであるということも知っておきましょう。

キャッシングフタバ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

 

 

関連ページ

ブラックリストと
キャッシングのフタバは、50年以上の営業実績を誇る老舗の消費者金融です。すぐにお金を借りたい人へのキャッシング・カードローンとして人気があり 、保証人不要 来店不要で即日融資も可能です。かなり柔軟な審査との口コミの評判やウワサもあります。
申し込みブラックについて
キャッシングのフタバは、50年以上の営業実績を誇る老舗の消費者金融です。すぐにお金を借りたい人へのキャッシング・カードローンとして人気があり 、保証人不要 来店不要で即日融資も可能です。かなり柔軟な審査との口コミの評判やウワサもあります。