総量規制の対象外!銀行カードローン 

総量規制の対象外!銀行カードローン 

いま、銀行のカードローンが大人気なんですよ。

 

「銀行」と聞くだけで、「敷居が高い」「手続きが大変」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

 

ところがいまや、銀行カードローンは身近な存在になっています。低金利なうえ、利用目的が制限されていないので、生活費がピンチなときや給料日までのつなぎ資金、また交際費などに手軽に利用されています。
銀行カードローンを正しく知って、メリットを上手に活用する方法を考えましょう。

 

銀行カードローンの特徴は?

銀行が扱う無担保カードローンが最近利用者が増加してきました。利用限度額以内なら何度でも借りられる!いわゆるフリーローンといわれるものです。

 

銀行のローンというと「住宅ローン」や「自動車ローン」を思い浮かべがちですが、カードローンは利用目的が定められていない無担保ローンのことです。

 

簡単に言えば、消費者金融のカードローンと同じものなんですね。

 

利用限度額以内なら、審査なしで何度でもATMなどから借りることができます。
銀行が扱う無担保カードローンは金利は低く、利用限度額は100万円〜1000万円と高いのですから、上手に用しない手はありません。

 

銀行カードローンは「手続きが面倒」というイメージがありますが、申込方法は意外と簡単。審査も「最短30分」と謳っているところがあるほどスピーディになっています。

 

申込方法は、店頭、パソコン、携帯など都合に合わせて選べます。審査には運転免許証などの身分証明書が必要で、希望金額が高い場合は収入証明書類が必要になります。

 

返済方法は、毎月普通口座から引き落とす方法のほか、余裕があるときはATMからの返済もできます。銀行によって異なるので確認しておきましょう。

 

以上のように、銀行カードローンの利用方法や必要書類は、キャッシングを利用するときとさほど変わりはないのです。

 

銀行カードローンを利用するには、金融機関や保証会社の審査があります。

 

おもしろいのは保証会社が消費者金融であるケースが多いことですね。
住友銀行はプロミス、三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行とセブン銀行はアコムが保証会社になっています。

 

また、住信SBIネット銀行のジェーシービー、みずほ銀行のオリエントコーポレーションなどクレジットカード会社が保証会社の場合もあります。

消費者金融との違いは? 

一番の違いは総量規制の対象外!年収の3分の1を超えても大丈夫ということです。

 

消費者金融との最もわかりやすい違いは、総量規制(年収の3分の1までしか借りられない)の対象かどうかです。

 

消費者金融は対象ですが、銀行カードローンは対象外なんですね。例えば、消費者金融で年収の3分の1まで借りてしまった人は、それ以上消費者金融から借りることはできません。ですが、銀行カードローンは総量規制の対象外なので融資を受けられる可能性があるのです。

 

メリットは低金利!条件付で金利が3.5%〜利用限度額が700万円のカードローンもあります。

 

銀行カードローンのメリットは、なんといっても低金利で、利用限度額が高いことです。また、利用銀行の口座の開設者や住宅ローンの利用者などを対象に、さらに金利を引き下げるサービスを行っているところもあります。

 

最近では利便性に力を入れているため、利用しやすいこともメリットになっています。

 

 

キャッシングフタバ公式サイトはこちら ↓ ↓ ↓

関連ページ

キャッシングはIT系の会社がお得
キャッシングのフタバは、50年以上の営業実績を誇る老舗の消費者金融です。すぐにお金を借りたい人へのキャッシング・カードローンとして人気があり 、保証人不要 来店不要で即日融資も可能です。かなり柔軟な審査との口コミの評判やウワサもあります。